研修を受けました!

研修を受けました! · 17日 9月 2019
令和元年9月13日(金)1時半から名古屋税理士会半田支部の研修会~令和元年税制改正 所得税・相続税中心に~というタイトルの研修を受けてきました。 税制改正の内容をいくつか挙げてみます。 ・所得税の確定申告書への添付資料がいくつか不要になります。  例えば、給与等の源泉徴収票や特定口座年間取引報告書などです。  平成31年4月1日以後に提出する確定申告について適用されます。 ・住宅取得控除の拡大  住宅ローンを組んで住宅を取得した場合に使える税制ですが、消費税率が10%に増税されるタイミングに合わせて改正されました。細かい内容は割愛させていただきますが、10%の税率で住宅を取得すると今まで10年間の税額控除だったのが13年まで延長されることとなりました。 そのほか、個人の事業承継税制が創設されたり、相続税における配偶者居住権の評価額が決定したりとたくさんの税制改正が行われています。 毎年変わる税制を把握して有利な税制が出てくればそれを利用し、不利になりそうな場合にはその前に手を打つことが大事です。税制は毎年行われますので、相続対策を行なおうと思っている方は早めにご相談下さい!

研修を受けました! · 12日 9月 2019
名古屋税理士会の特別研修会 「実務に活かす不服審査~法的思考のコツ」という研修に参加してきました。 普段なかなか不服審査のような法律に関する研修を受けることが無いのでとても勉強になりました。

研修を受けました! · 16日 11月 2017
11月14日(火)の半田支部の支部集会で贈与税についての研修を受けてきました。タイトルは「贈与税の実務とその活用ポイント」で贈与税の基本的なことから実際の実務でどういう契約書を作ればいいかなど具体的な内容が多く、大変ためになりました。研修でも講師の先生がおっしゃっていましたが、贈与は相続対策の基本です。基礎控除の減額もあり相続税申告の対象者も増えておりますので贈与を活用した相続対策の提案も増えていくかと思います。今回の研修で学んだことをお客様の相続対策の提案に活かしていきたいと思います!

研修を受けました! · 31日 8月 2017
広大地についてのWebセミナーを受講しました。最近はセミナーもWebで受けられるんですね。 広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比べて著しく広大な宅地で、その宅地を利用するために道路が必要になるような土地のことをいいます。 こういった土地の場合には、敷地すべてが有効に利用できるわけではないので、一定の補正率を掛けて評価額を下げることができます。 この広大地の取扱が平成29年の税制改正で大きく変わりました。 適用については、平成30年1月1日以後の相続等により取得した土地の評価について適用されますが、内容についての詳細は明らかにされていません。 内容としては、財産評価基本通達24-4「広大地の評価」が無くなり、新たに財産評価基本通達20-2「地積規模の大きな宅地の評価」の規定が新設されます。 これにより、「広大地の評価」よりも「地積規模の大きな宅地の評価」の方が適用要件が厳しくなく適用される土地が増えることとなりますが、評価減される金額については減少する見込みとなっています。 現状「広大地の評価」が適用される土地をお持ちの方は、改正前に、相続時精算課税を利用した

平成29年度税制改正の実務ポイント
研修を受けました! · 10日 8月 2017
7月31日に名古屋税理士会半田支部の研修会に参加してきました。タイトルは「平成29年度税制改正の実務ポイント」ということで、平成29年度の税制改正について勉強してきました。 相続税、贈与税にもいくつか改正がありました。 「事業承継税制の見直し」「医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予等の特例措置の延長等」「取引相場のない株式の評価方式に関する見直し」などです。 このあたりの内容については今後HPを更新して解説していきたいと思っております。

税理士の相続業務強化マニュアル
研修を受けました! · 04日 7月 2017
平成29年6月19日に「税理士の相続業務強化マニュアル」という研修を受けてきました。 相続税申告の実績や相続財産の種類、金額の推移などを基に解説をしていただき、大変興味深い内容でした。 27年の改正以降、相続の対象となる方は増えています。相続対策をすべて完璧に行うことは難しいですが、少しずつでも、できることからはじめていくことが大切だと思います。 相続に関する疑問、不安などがありましたら、初回相談は無料ですのでまずはご連絡ください!

小規模宅地の特例 研修資料
研修を受けました! · 21日 4月 2017
小規模宅地の特例についての研修に参加してきました。