東海市周辺の相続対策・相続税申告は佐藤会計事務所

相続 税理士 家族 祖父 祖母 子 孫

東海市、大府市、知多市、名古屋市周辺で相続対策、相続税申告は佐藤会計事務所にお任せ!

相続対策、相続税申告は人によって違います。

お持ちの財産や家族構成は人それぞれです。佐藤会計事務所は一人一人にあった相続対策相続税申告を行っております。

 

『相続』を機にご家族間での争い、高額な相続税の支払いなどの問題が起こらないよう相続対策をさせていただききます

 

弁護士、司法書士、行政書士と連携しておりますので相続に関するすべてのことをお任せいただけます。

 

お客様の財産、そして想いを次世代に引き継ぎ『相続』後もご家族が円満で安定した生活が送れるようサポートさせていただきます。 

 

初回相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください!

℡ 052-601-7185

✉ hiroyasato@ma.medias.ne.jp

 

 

相続税申告 電卓
相続対策 家
贈与税申告 ドル

事務所の特徴 ネクタイ
税理士紹介 男の人
ご依頼までの流れ

よくある質問
メール お問合せ
リンク 握手


路線価の全国平均が6年ぶりに下落となりました!

路線価 令和3年

 2021年の公示価格の全国平均が6年ぶりに下落したことに続いて、2021年の相続税路線価の全国平均が前年比0.5%減

となり、6年ぶりに下落したことが明らかになりました。

 

 コロナ禍での感染拡大の影響を受けて都心部のビジネス街などで価格が下がり、39の都道府県で前年の価格を下回りました。

 

 路線価は毎年1月1日時点での一定の範囲内の道路に面した土地を評価するもので、国税庁が1年に一度公表しています。

「公示地価」の8割程度が目安とされ相続税や贈与税の税額を計算する際に使用されます。

 

 都道府県別では、前年に価格が高騰していた東京都や大阪府など13の都府県でマイナスとなり39都府県で前年を下回りました。東京都では1.1%減少し、8年ぶりに前年を割り込んでいます。

 

 一方で前年比より上昇したのは7件にとどまり、昨年に全国最大の上昇率である10.5%を記録した沖縄県も伸び率は下がって1.6%となりました。

 

 路線価の全国1位は36年連続で東京・銀座5丁目の文具店「鳩居堂」前にある銀座中央通りとなりましたが。9年ぶりに価値が下落し1㎡あたり4,772万円となりました。

 

 路線価は1月時点の価格であるため、それ以降に価格が急落した場合には減額補正の対象となることがあります。昨年はコロナ禍の影響により大幅に価格が下落した大阪市の一部の地域で減額補正が行われました。今年も大幅な下落が見られる場合には減額補正が行われ可能性があります。

 

令和3年公示地価6年ぶりに下落

令和3年の公示地価が全国全用途で6年ぶりに下落しました。

 

令和3年の公示地価は、新型コロナウィルス感染症等の影響により、全体的に下落しています。

 

令和3年 公示地価 地価公示 2021年

公示地価の下落の原因

◆住宅地

 ・取引の減少、雇用・賃金情勢が弱まり需要者が価格に慎 

  重な態度となったことなどを背景に全体的に需要が減少

  した。

 ・中心部の希少性の高い住宅地や交通利便性等の優れた近 

  郊の住宅地で上昇を継続しているが、昨年より上昇が見

  られる地域の範囲が狭まっている。

 ・地方四市をはじめ地方圏の主要都市では、上昇の継続が 

  見られるなど、昨年からの変動率の変化は比較的小さ

  い。

 

◆商業地

 ・店舗やホテルの需要減退、先行き不透明感から需要者が  

  価格に慎重な態度となったことなどを背景に、全体的に

  需要は減少した。

 ・特に、国内外の来訪客の増加による店舗、ホテル需要で

  これまで上昇してきた地域や、飲食店が集積する地域で

  は、比較的大きな下落。

 ・一方、三大都市圏の中心部から離れた商業地や地方圏の

  路線商業地などの日常生活に必要な店舗等の需要を対象

  とする地域では上昇地点も見られる等、昨年からの変動

  率の変化は比較的小さい。

  

  国土交通省 令和3年地価公示の概要より

路線価の補正をしないことを決定

コロナ 路線価 補正率

 国税庁は、新型コロナウィルスの影響により地価が大幅に下落した場合、令和2年分の路線価に補正率を掛けて土地の評価を行うことを検討していました。

 

 10月28日、令和2年1月~6月までの相続・贈与で取得した土地の評価に適用する路線価について、補正率の検討の目安である20%の下落をしている地域は無かったため、価格の補正をしないことを発表しました。

 

 全国で最も地価の下落率が高かった地域は、名古屋市錦三丁目大阪市中央区宗右衛門町19%の下落となりました。

 

 令和2年7月以降の相続・贈与分については、引き続き地価の動向により、大幅な地価の下落が確認された場合には路線価等を補正するなどの対応を検討することとなっています。 

 

 7月~12月分の相続・贈与に適用する路線価は今後の動向を見て年明け頃に発表される見込みとなっています。

 

新型コロナによる固定資産税・都市計画税の減免

新型コロナウィルスの影響で、事業収入が減少した中小事業者等が所有する事業用家屋及び償却資産の固定資産税・都市計画税が事業収入の減少割合に応じて減免されます。

◆対象者

 令和2年2月~10月までの任意の連続する3か月間の事業収入が、前年の同期間と比べて。30%以上減少している中小事業者

中小事業者とは

◆特例対象資産

 事業用家屋、償却資産

◆特例期間

 令和3年度課税分

◆申請方法

 認定支援機関の確認を受けて資産が所在する市町村に申請

◆申請期間

 令和3年1月4日から2月1日

新型コロナの影響で補正を検討 2020年路線価

ビル 路線価 コロナ補正率

国税庁は2020年7月1日に2020年分の路線価を発表しました。全国の路線価は2019年と比べて1.6%のプラス5年連続の上昇となりました。

 

◆都道府県別の上昇率

 前年比で上昇したのは21都道府県で、中でも上昇率が高かったのは次の地域です。

 

 沖縄県 +10.5% 東京都 +5.0% 宮城県 +4.8%

 福岡県 +4.8%   北海道 +3.7%

 

◆都道府県庁所在地の最高路線価上昇率

 前年比で上昇したのは38都市で、上昇率が高かったのは次の地域です。

 

 那覇市 +40.8% 大阪市 +35.0% 横浜市 +34.5%

 京都市 +18.1% 神戸市 +17.6%

 

 インバウンド効果が高い地域再開発が活発な地域で特に大きな上昇がみられました。全体的には上昇傾向であると考えられます。

 

◆2020年の都道府県庁所在地の最高路線価

順位  所在地              路線価  上昇率

1 東京 中央銀座5丁目銀座中央通り 45,920千円 0.7%

2 大坂 北区角田町御堂筋通      21,600千円  35.0%

3 横浜 西区南幸1丁目横浜駅西口  15,600千円  34.5%

    バスターミナル前通り

4 名古屋 中村区名駅1丁目名駅通り 12,480千円  13.0%

5 福岡 中央区天神2丁目渡部通り    8,800千円  11.8%

6 京都 下京区四条通寺町東入2丁目   6,730千円  18.1%

    御旅町四条通

7 神戸 中央区三宮1丁目三宮センター街   5,760千円  17.6%

8 札幌 中央区北5条西3丁目札幌停車    5,720千円  17.2%

    線通り

9 さいたま 大宮区桜木町2丁目     4,260千円  15.1%

      大宮駅西口駅前ロータリー

10 広島 中区胡町相生通り       3,290千円    7.9%

 

◆新型コロナの影響による補正率

 

2020年の路線価の評価は2020年1月1日時点を基準としたもので、新型コロナウィルスの影響については全く考慮されていません。そのため特にインバウンド需要などの影響により路線価が上昇している地域では、実態と乖離が大きくなっていると言われています。

 

そこで、国税庁は、新型コロナウィルス感染症の影響で、1月1日時点の地価が全国的に20%以上上下するような場合には、今年の路線価に補正率を設定することなどを検討することとしています補正率の発表は10月以降と見込まれています。

 

例 土地 200㎡ 路線価 10万円の場合

  通常 

   200㎡×10万円=2,000万円

  コロナによる補正率0.8 

   200㎡×10万円×0.8=1,600万円